ゲシュタルト崩壊

メンタル・イデア・ラボの本城ハルです。

今回はゲシュタルト崩壊についてです。脳の遊びで難しい話ではありません(笑)

ゲシュタルトの語源はドイツ語の“Gestalt”で【形態】という意味ですが、ゲシュタルト心理学的には“ゲシュタルト”の意味は【全体的なまとまり】のことです。

ゲシュタルト崩壊はパターン認識が低下することにより起きる不思議な知覚現象です。

例えば漢字を認識する時に、各パーツごとにバラして認識するのではなく、全体的な漢字の形を認識しますよね。

特にわかりやすいのは【森】ですが、これを【木】【木】【木】と別々の部分のみを見ていても【森】とは認識できません。ひとつのまとまりとしてのゲシュタルト的認識をしながら、私たちは物事を判断しているのです。

さて、それではゲシュタルト崩壊してみましょう!

大丈夫、ゲシュタルト崩壊しても人格は崩壊しませんし、いつも通りご飯も美味しく、いつも通り隣の犬は吠えかかってきますし、いつも通り明日も来ますから(笑)

例に出した【森】という漢字をひたすら紙に書き続けてください。

森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森森

あら不思議!!『目の前にあるのは見慣れた【森】という漢字なのに、森ってこんな漢字だったっけ?え?なに?これ記号?何かパーツがバラバラになる違和感あるよ?』と不思議な感覚に陥りませんか?

ゲシュタルト崩壊しやすい文字を集めてみましたので、皆さんでゲシュタルト崩壊タイムをお楽しみください。

最初に視覚から。25秒間程度じっと見つめてください。

タンタンメンタンタンメンタンタンメンタンタンメンタンタンメンタンタンメンタンタンメンタンタンメンタンタンメンタンタンメンタンタンメンタンタンメンタンタンメンタンタンメンタンタ

鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱

【鬱】一文字をじーっと見ているだけでもゲシュタルト崩壊します。

いかかですか?『タンタンメンって何だったっけ?』『鬱って漢字、こんなのだったっけ?』になりませんか?それがゲシュタルト崩壊です。そう感じたあなたは今まさにゲシュタルト崩壊まっ最中です(笑)

他にはこんな文字もあるので、ひたすら無心に紙に書き続けて遊んでみてください。それを人に見られると『頭がおかしくなったのか?!』と思われるかもしれないので予めご注意を(笑)

【肉】【暑】【の】【亡】【ゆ】【ぷ】【文】【苦】【3】【炎】【ン】【石】・・・。

ちなみに私の名前は【ハル】ですが、とてもゲシュタルト崩壊しやすい名前です。

ハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハルハ

はい、ゲシュタルト崩壊!

それではご機嫌よう。

「ゲシュタルト崩壊」への1件のフィードバック

  1. こんにちは。初めてコメントさせていただきます。ゲシュタルト崩壊、面白かったです。たまに文字を見て、その文字としてではない、不思議な記号に見えてきたことがあったのですが、ゲシュタルト崩壊と知り、実際にそのような脳の錯覚があることを知りました。ちなみに私がゲシュタルト崩壊した文字は『仙』という文字でした。今後もブログを楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。