【PEPTALK】:上手に励ますコツ

メンタル・イデア・ラボの本城ハルです。

今回は落ち込んでいる人を励ますトークではなく、「よし、頑張らないと!」と思いながら、緊張や不安に押し潰されそうになる気持ちをやる気に変え、本来持つ力を最大限発揮できるように引き出すトーク、【PEPTALK(ペップトーク)】についてです。

PEPとは、英語で<元気><活気><活力>という意味があります。このトークを使う場面は、例えば、受験日の朝、大事なプレゼンの前、試合の前などですね。

さて、そのやり方ですが、誰にでもできる簡単な4つを意識し組み立てるだけです。

受容<事実の受け入れ>:「昨日は緊張であまり眠れなかった(食が進まなかった)みたいだね」

承認<捉え方変換>:「それはあなたが本気でそのプレゼン(試験or本番or試合etc.)に取り組んできた(勝ちたい、合格したいと思っている)証拠だよね」

行動<してほしい変換>:「落ち着いて深呼吸してみよう、リラックスして最後までプレゼンのイメトレしてみよう(最後まで問題を読もう、できそうなものから解こう)」

激励<背中のひと押し>:「うん、大丈夫、さぁ行っといで」「君ならできる」

『なぁんだ、そんなことか』と思いますよね。

この組み立てと順番を意識しながら上手に励ますことで、相手の不安や緊張を和らげたり励ましたり、元気づけたり、やる気を引き出したりできるのがペップトークの特徴です。

元々はアメリカのスポーツ界で試合前に監督やコーチが選手を励ますためにおこなっていたものなのです。

長々と話さず1分程度にまとめられるので、緊張している相手でも話を十分に理解でき、本来持っている力を発揮できるのです。

これは自分自身を励ます時や、奮い立たせる時にも応用できますので、ぜひやってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。