セクシャルマイノリティーへの理解を深める【2/3】

メンタル・イデア・ラボの本城ハルです。

LGBTQのLGBは、“性的指向”の三要素であり、トランスジェンダーやトランスセクシャルの『T』は“性自認”により決定されるものです。

改めて整理してみましょう。

  • 性的指向→どんな性別の人を好きになるか。
  • 性自認→自分の性をどう認識しているか。

マジョリティーでは、性自認(気持ち/心の性)が女性の場合、身体の性も女性。性自認が男性の場合、身体の性も男性と言われています。

上記が一致していても、

性的指向(性的対象)がマジョリティーではない、または、身体の性と性自認(心の性)が一致せず違和感を持つ人がLGBTに該当します。

この先なるべくわかりやすく、私が自分(女性)とパートナー(男性)を例にさまざまなパターンを考えてみましょう。現実の私とパートナーは次のようになります。

【私】身体:女性性自認:女性
▷性指向:女性・男性→両性なのでバイセクシャルということでセクシャルマイノリティー。

※これが、男性/女性だけでなくトランスセクシャルやトランスジェンダー、Xジェンダーなど、まだまだある性自認の人たちすべてが性指向となる人のことを“全人愛”<バンセクシャル>と呼びます。
【パートナー】身体:男性性自認:男性
▷性指向:女性→セクシャルマジョリティー。

※医学的性別(身体の性)、性自認が一致していることをシスジェンダーと呼び、異性愛者をヘテロセクシャルと呼び、これが一般的にセクシャルマジョリティーと言われていて、パートナーはそのまんまセクシャルマジョリティーですね。

それではさまざまなパターンを例として列挙してみます。

【私】身体:女性/性自認:男性
【パートナー】身体:男性性自認:男性
▷私の身体の性が女性でも、性自認が男性でパートナーが性自認・身体共に男性の場合、私は“男性として男性が好き”なので『ゲイ』になります。

一般的な男女のカップルに見えても、実はゲイカップル、ということになります。
【私】身体:女性性自認:女性
【パートナー】身体:男性性自認:女性
▷パートナーの身体が男性であっても、性自認が女性で性指向も女性の場合、身体・性自認共に女性である私を好きなのでレズビアンになります。

一般的な男女のカップルに見えても、実はレズビアンカップル、ということになります。

大丈夫ですか?こんがらがってませんか?

また、身体の性が私(女性)、パートナー(男性)であっても、私たちの性自認が私(男性)、パートナー(女性)である場合、FTMヘテロセクシャルが私で、MTFヘテロセクシャルがパートナーということになります。

※FTM:フィメール・トゥ・メールの略(女性の身体でありながら性自認は男性)

※MTF:メール・トゥ・フィメールの略(男性の身体でありながら性自認は女性)

図で表すと以下のようになります。

一度パートナーに聞いたことがあります。「黙っててごめん。私、見た目は女だけど、実は心は男で、男として男のあなたが好きなんだ、って言ったらどうする?」と。

こんがらがっていました(笑)その後に「ゲイやレズビアンは当然認めてるけど、自分事となるとオレはノンケ(ヘテロセクシャル)だから、パートナーには身体はもちろん、性自認も女性の人に、オレのことは男性として愛してほしい・・・かな」ということでした。

最終回となる次回は、さまざまな性自認、性指向ということでLGBTQの『Q』部分についてお話しようと思います。

<運営会社:Jiyuuku Inc.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。