第ゼロ印象

メンタル・イデア・ラボの本城ハルです。

第一印象、第一印象とはよく言いますが、第ゼロ印象という言葉をご存知ですか?

第一印象は“他者と初めて会った時の印象”ですが、

第ゼロ印象とは、会う前の印象のことです。

一番わかりやすいのが“お見合い”ですね。今は少なくなりましたが【釣書き】と【写真】を見て、『どんな人なんだろう?』と想像します。

そう、その“想像”こそが第ゼロ印象です。

インターネット時代の今なら、SNSで繋がる → その人の投稿や、その人が違う人とやり取りする様子から、どんな人だろう?こんな人かな?と想像しますよね。そこから会うことがなければ第ゼロ印象が良くも悪くも第ゼロ印象のままTHE END。会って初めて第一印象がスタートします。

いずれ会う(かもしれない)ことを考えれば、第ゼロ印象が悪いほうが、会ってからの印象は良くなる傾向にあります。『あ、見た目ほど怖くない(+)』『案外気配りできるんだ(+)』のように加点印象されるからです。

だからといって、わざわざマイナスイメージを持つように印象操作をするのは止めましょう。悪すぎると相手に会う気を失わせます(笑)

反対に、第ゼロ印象がとても良い場合、第一印象以降、良くてイメージの現状維持。ほとんどの場合『あれ?何か・・・違うなぁ』と減点印象になります。『思ったとおりの人だ(±0)』『え、挨拶できない人?(−)』『好き嫌い多いわー(−)』『案外チャラいかも(−)』のように。

第ゼロ印象で人は自分を“全部出し”しません。上手に自分をプロデュースできたり、取り繕えれば第ゼロ印象はプラススタートになり、ぶっきらぼうで横柄、見た目も怖ければ第ゼロ印象は(超)マイナススタートになる、ということです。先にも書いたように、実際に会った時の第一印象はまた別の話になるのでご注意を。

皆さんも第一印象の前に第ゼロ印象がある、ということを意識してみてはいかがでしょうか。

ちなみに私のパートナーは第ゼロ印象はそこそこ悪、実際目にして話をする直前までの第一印象(0.5印象ぐらい?)は最悪(怖すぎる、人見知りなので口数少なめ)でしたが、噛めば噛むほど・・・のスルメタイプの人だと思っています(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。