メンタルと心の違いを考える

メンタル・イデア・ラボ、AEのスミです。

私は広告制作の仕事もしているせいか、言葉に敏感なところがあります。広告はキャッチコピーをはじめ、コピーを考えることも仕事の一つです。商品やサービス、あるいは企業そのものについて、わかりやすく表現する言葉がコピーです。コピーライターという職種が専門にあります。

標題にも書いたように、私たちは『メンタルと心』を同じように使っていますが、果たして同じだろうか?という素朴な疑問が私の中でふと湧きました。

メンタルは英語、心は日本語であることは誰もが納得するところだと思います。そこで、日本語の『心』に近いは英語は何だろうと考えた時、それは『ハート(Heart)』あるいは『エモーション(Emotion)』ではないか?と。一方英語の『メンタル』に近い日本語は何だろうと考えた時、心というより『気分』『気持ち』あるいは『精神』『心理』ではないかと思いました。

私たち日本人は日常において、心が弱る、精神的に滅入る、気分が滅入る、気持ちが落ちる、などと、メンタルと心という言葉をいちいち考えて使い分けることなく、無邪気に使用していると思います。直感的に、と言ってもいいかもしれません。

心とは何か、を少し深く考えた時、それは想いだったり、感情だったり、情緒だったり、いわゆる英語で言うところのエモーショナルなことではないかと思いました。

若者の間で“エモい”という表現が使われています。エモーショナルな事象を“エモい”と彼らは言うらしいのですが、具体的に表現できない、言葉にしにくいことに遭遇した時の気持ちを表すこととして使われるようです。これは何を意味するかというと、思うに、『心が何らかの反応をした』ということではないでしょうか。精神や心理(あるいは気分・気持ち)が何らかの反応をした、と言い換えてみると、どこか違和感を感じます。やはり『心が何らかの反応をした』=『エモい』のほうがしっくりくる気がします。

このように考えてくると、日本語の言う『心』とは、感性(センシティブ)にまつわることと言ってもいいかもしれません。

それに対してメンタルはというと、精神的、心理的な部分のことと言えるのかもしれません。心に理が付くと、途端に感性やエモーショナルなことではなく、脳との関連を想起させます。『理』つまり『ことわり』ですから、思考と密接に関係しているのではないか?つまり脳です。また心理は思考に影響されるところが大きいと言えます。人間関係で悩むことを例にすると、悩むこと自体が既に思考です。さらに精神とは一歩踏み込んだもので、その人の自分軸、支柱、存在意義というか、その中には当然思考も含まれ、現時点でその人をその人たらしめているものが精神ではないかと思うのです。

このように考えるてくると、英語の言う『メンタル』とは、思考(シンキング)にまつわることと言ってもいいかもしれません。

以上のように考えてくると、『メンタル』≒『思考』、『心』≒『感性』となり、即ちメンタルと心は似て非なるものだと言うことができます。なるほど、心理学と脳科学が密接に関係してくるわけです。あくまでも私見ですが。

だとすれば、メンタルヘルスは一般に『こころの健康』と言われていますが、『思考の健康』となります。考え方の健康ということです。ネガティブや悲観的など負の思考に引っ張られたり陥った時を思い起こすと、それに呼応するかのように気持ちに作用し、イライラが募ったり、自暴自棄になったり、体調不良、不眠、食欲不振などが生じます。思考の仕方がそもそもの発端であることがわかります。しかし現実には、そもそもの発端である負の思考は見落とされ、二次的とも言える表面に出ている気持ちや気分にばかり目がいっています。これでは対症療法的なことを繰り返すばかりで、根本解決にはなりません。

仕事が思うようにできない、向いてないのかな・・・と悩む(考える)。今日も上司に叱られた、私は(俺は)ダメな人間だ・・・と悩む(考える)。経済的に苦しい、どうしたらいいんだ・・・と悩む(考える)。などなど、自分の存在、自分の存亡に関わることで悩むこと(考えること)が、メンタルに悪い影響を及ぼしていることがわかります。なるべくメンタルに悪影響を及ぼさないためには、悩み方(考え方)を工夫することが案外有効であり、悪影響を回避できるのではないか、と思うのです。

ここまで考えてくると、性格や生来性はあまり関係がなく、ましてやそれらを変えることではなく(変えることは至難の業)、思考の仕方の選択肢を多く持つと言えばいいのか、『変える』のではなく『拡げる』ことがカギとなりそうです。その結果が心の安定へと繋がっていくのではないか、と思います。思考の仕方を拡げると言われれば何とかできそうな気がします。

最後に、ルネ・デカルトの“我思う故に我あり”という有名な言葉があります。簡単に言い換えると“私は考えている、だから私は存在している”となります。つまり、『私』の存在は『考える』ことで成り立っているということです。メンタルが思考にまつわるものだとすると、ハートやエモーションといった感性にまつわる『心』とは明らかに異なるものと言えそうです。

<運営会社:Jiyuuku Inc.

謹賀新年

新年明けまして、おめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

メンタル・イデア・ラボ、AEのスミです。

本年も本日よりコラムを掲載してまいりますので、お読みいただき少しでもお役に立てれば嬉しく思います。

さて、この年末年始は行動制限がなかったため、久しぶりに帰省した人もいたのではないでしょうか。

私は例年と変わらず、大晦日は年越しそばを食べ、年が明けた午前0時過ぎ早々には近所の神社へ初詣に行きました。今年はやはり行動制限がなかったためか、近所の小さな神社でさえ人出は多かったです。

よく『今年の目標は?』と聞かれると思います。私は個人的にあまり目標を立てないので、この質問をされると困ります(笑)

個人的なことになりますが『目標』という言葉がどうも苦手です。どこか義務を課すあるいは課されるようで重苦しいと感じるからです。一度目標達成が難しそうになると、無理をして何かを犠牲にしたり、身体的肉体的、クオリティ・オブ・ライフ、ワークライフバランスにいいことなど何もなさそうです。そう思うと気分が滅入ります。精神衛生上、私にはよくない言葉のひとつです(笑)

目標という言葉の代わりに『予定』という言葉はいいですね。あくまでも『予定』であって義務感はかなり薄らぎます。融通が利きやすい。『プラン』と言い換えてもいいです。プランA、プランBというように、進捗状況を見ながら軌道修正が容易な印象があります。

ということで、今年のメンタル・イデア・ラボの『予定』は、行動制限もなくなって社会も通常モードになりつつあることを踏まえて、リアルの場での勉強会あるいはセミナーを開催したいと考えています。

詳細が決まりましたら、ホームページにてお知らせしたいと思っています。

<運営会社:Jiyuuku Inc.

思考実験【2】

メンタル・イデア・ラボの本城ハルです。

前回に続きで、『テセウスの船』をアリストテレスの四原因から深掘りしてみたいと思います。少し長くなりますがご了承ください。

物事の在り方すべては『四原因』で説明できると考えたのが古代ギリシアの哲学者、アリストテレスです。

まず『四原因』とは・・・

・質量因 ・形相因 ・動力因 ・目的因

であり、

  1. 質量因・・・組成は何か?
  2. 形相因・・・形状は?
  3. 動力因・・・誰がどのように作った?
  4. 目的因・・・目的は何か?

になります。

アリストテレスは『テセウスの船』で重要なのは、それが“どのような形状か”を決定する2の形相因と考えました。形相因はその物の“見た目”を示していることはおわかりだと思います。

老朽化により幾度となく修理が重ねられた『テセウスの船』ですが、いくら当初からの部品がすべて入れ替わっても「見た目は変わらないので、それは同一と言える」というのがアリストテレスの解です。

次に組成素材の1の質量因から見てみましょう。

船の最初の部品はすべて取り替えられており、別の組成の素材が使われているので同一ではないと言えると思います。

しかし、3の動力因から見てみると、船は修理を重ねても当初と同じ技法で作り直されたであろうと考えられますので、同一であると言えるのではないでしょうか。

次に4の目的因から見てみましょう。

見た目は変わらず船であると認識できること、またテセウスが使用したという事実は変わらず同一であると考えられます。

このように、どのような物がどのように在るか?を細かく分解し考え、何が重要なのか各々の捉え方次第で思考実験『テセウスの船』の答えは変わってくるのです。

さらに<同じ>に着目してみましょう。

<同じ>とは“何をもって”<同じ>と言えるのか?

<同じ>という概念を考えてみます。

<同じ>の概念は【質】と【数】に分けられます。<同じ>の概念で、どちらに着目し重要視するかで『テセウスの船』の答えは変わってきます。

どういうことかというと・・・

『テセウスの船』は老朽化により、長い時間をかけてすべての部品が交換されていっています。これは【質】という点で考えると変わってしまっているため、<同じ>とは言えません。

しかし、『テセウスの船』と呼ばれる船は、建造された当初から現在に至るまで、この一隻のみで他には存在しません。そう考えると【数】という点で<同じ>であると言えるわけです。

次に時系列から考えてみます。

『テセウスの船』は修理に修理を重ねて、その部品すべてが入れ替わったとしても、建造された当初から現在に至るまでのどの時点でも『テセウスの船』として在り続けました。これを『テセウスの船ではない』とするならば、どの時点から『テセウスの船』ではなくなったのでしょうか。

最初に部品を取り替えた時?

最後に部品を取り替えた時?

さらに話を進め空間という視点から考えてみます。

私たちが生きる3次元は空間的な広がりです。平面(わかりやすくいうと紙面やガラス面といった“面”)が2次元であるのは皆さんご存知ですね。

4次元は立体的な3次元に時間的な広がりを与えた概念です。“一瞬一瞬”という短い時間を“区切って”考えると・・・一瞬前の『テセウスの船』と今の『テセウスの船』、一瞬後の『テセウスの船』は別の船と考えます。この考え方で考えると、老朽化から修理云々の問題とはまったく関係なくなってしまうのがおわかりでしょうか。

ミカンで考えてみましょう。

一瞬前のミカンと今のミカン、一瞬後のミカンは同じミカンではありません。一瞬が1秒であったとして、そのミカンは一瞬前のミカンより質が劣化していると言えるからです。

こんがらがってきたところで・・・

仕組みや構造から物事の本質を考察し、探ろうとする考え方は構造主義と言います。

変化し続ける物事のどこに注目するのか、何をもってその価値を定義するのか、人の数だけ答えはあります。

あなたの見方、考え方、捉え方は当たり前ではなく、100人いれば100通りの考え方があるということを改めてわかったのではないでしょうか。

<運営会社:Jiyuuku Inc.

思考実験【1】

メンタル・イデア・ラボの本城ハルです。

師走になり今年もいよいよ残りわずかとなりましたね。寒くなりましたが、体調は如何でしょうか。

さて今回は『テセウスの船』という思考実験についてお話しします。以前そんなタイトルのテレビドラマもありましたね。

思考実験とは実際におこなわれている実験ではなく、頭(思考)の中でのみおこなわれる実験のことで、心理学/哲学/倫理学/物理学などさまざまな分野でおこなわれています。

今回はアイデンティティを深く問う哲学思考問題になります。

『テセウスの船』は、ある物体を構成している部品(さまざまなパーツ)すべてが入れ替わったとしても、それは過去あったものと同一であると言えるのかを考えます。この問題ではアイデンティティそのものをどう捉えているのかにより解答が異なります。

あるところにテセウスが乗ったとされる有名な船『テセウスの船』が保管されていました。その船は時間の経過とともに老朽化し、朽ちた部分は修理が繰り返され新しい部品に取り替えられてきました。

少しずつ船は新しい部品に入れ替わっていき、いつしか本来のテセウスの船にあった古い部品は一つもなくなり、すべての部品が新しいものになりました。

船の機能はもちろん、形や塗装といった見た目も当時テセウスが乗っていたとされる船と寸分変わらず修理されています。しかし、その船の元の船の部品はもう一つも残っていないのです。

ここで問題です。

すべて入れ替わったこの船は、過去あったテセウスの船と同じと言えるのでしょうか?

この問いへの解は、考えるその人自身の価値観や物事の本質をどのように捉えているかにより変わってきます。

身近なところにも同じようにアイデンティティを考える問題(?)があります。

創業以来、継ぎ足し継ぎ足し受け継がれてきた秘伝の鰻のタレ。メンバーチェンジを繰り返してきたアイドルグループ、などなど。

次回はテセウスの船をアリストテレスの四原因から深掘りしてみます。

<運営会社:Jiyuuku Inc.

命のせんたく

メンタル・イデア・ラボ、AEのスミです。

先日、久しぶりに遠出をしました。泊まったのは鳥取県は大山の麓のホテルでした。

ホテルに着いたのはもう陽が沈んだ午後7時でしたが、ホテルの窓から人家の灯りはもちろん街灯すら見えず、暗闇そのものでした。

翌朝目覚めたのは午前5時半頃だったと思います。

カーテンを開けると、外は夜明け直前で空はうっすらと明るくなっていました。そして目の前にあったのは、大山の見事なシルエットでした。

別名『伯耆富士』と言われているとおり、まるで富士山かと見紛うほど、左右の稜線のシンメトリーが美しい山でした。ホテルの四角い窓が額縁のようで、あたかも一幅の絵画を見ているようでした。

美しい大山のシルエットをしばらく見ていると、左の稜線から太陽が昇ろうとしてきました。大山からの日の出です。

それはそれは力強い朝陽で、まさにダイヤモンドの輝きと言っても過言ではありませんでした。山頂から昇っていれば、間違いなく鳥取のダイヤモンド富士だったことでしょう。『日、出づる国』という言葉が自然と浮かびました。

東京では絶対に見ることができない光景であり、その圧倒的な美しさに言葉もありませんでした。

朝からこのような光景に接するとは思いもしなかったので、驚いたのと同時に心の中で何かが洗われたような感覚になりました。

後で聞いた話ですが、大山は1年の3分の2は大抵雲がかかっており、山の全景がくっきりと見えることはあまりないそうです。幸運にもその日は雲一つない快晴でした。

折しも、11日から全国旅行支援が始まりました。外国人観光客の来日も急増しているようです。

時間を見つけて、あえて命のせんたくに行き、行ったことのない場所へ行くのも悪くないかもしれません。

それは仕事などのモチベーションにも繋がり、充実した日常を過ごすことに繋がる気がします。束の間、日常から非日常に浸ることは、人が生きていく上で案外大切なことかもしれないと実感しました。

というのは、メンタルヘルスに良いということ以上に、五感で体感する未知は、もはやメンタルトレジャーになると思います。上手く言えませんが、個人的には『生き還る』ぐらいの刺激があると思います。

旅は何かモノを所有することではなく、ココロを揺さぶることなのかもしれない。ココロが揺さぶられると、いつのまにか背負ってしまっている日常の重り、あるいは縛られた鎖、そんな無意識な束縛や足かせを解き放つ精神力と勇気が芽生える可能性を秘めていると思うのです。

私の場合、たぶん、それが『生き還る』という感覚を抱かせたのだろうと思います。

<運営会社:Jiyuuku Inc.

夏の終わりに

メンタル・イデア・ラボ、AEのスミです。

9月になりました。まだ少し暑さは残るものの、朝夕は涼しくなりました。

ツクツクボウシの鳴き声がどこか寂しく聞こえました。今年は3年ぶりにコロナによる行動制限のない夏でしたね。梅雨明けもとても早かったです。

個人的には今年の夏は、例年にまして夏らしいことをした気がします。かといって大したことはしていないのですが、少し子供時分に戻って夏を愉しんだように思います。

まず西瓜を食べました。酷暑と言ってもいいぐらい、とても暑い日だったことを覚えています。その中で食べる西瓜は格別美味しかったことが印象的でした。

冷やし中華を食べました。近所の蕎麦屋が冷やし中華を出していたので食べてみました。私は醤油・味醂・酢のタレというのでしょうか、具の種類や麺が私の好みにぴったりの冷やし中華で、箸が止まらないほど美味しかったです。蕎麦屋の冷やし中華ということで少し侮っていました(笑)以来、その蕎麦屋では数回冷やし中華を食べました。

江の島へ行きました。江の島は毎年の恒例になっていますが、今年も行きました。海沿いを自転車で走りました。江ノ電の線路沿いを走りながら、稲村ヶ崎まで行きましたが暑いながらも気持ちよかったです。

その前に江の島ではかき氷も食べました。甘味処のかき氷は氷がふわふわで、口の中でサラッと溶けてなくなる食感はなんとも言えませんでした。ちなみにあずきを食べました。みぞれ味にあんこが入ったかき氷です。

そして、今年の夏は花火をやりました。実に数十年ぶり。中学生になってからやったことがなかったかもしれません。それをあえてやってみました。火薬の匂いが懐かしかったですね。線香花火もしましたが、先端の火の玉が途中で落ちてばかりでした(笑)

また、ラムネは飲みましたがサイダーを飲むことをうっかり忘れてしまいました。ご当地サイダーが好きなので、来年の夏はサイダーをまず飲みたいと思います。

そしてぼちぼち秋刀魚の声も聞こえてきました。生秋刀魚の塩焼きはこの時期しか食べられないので、今年は最低三尾は食べたいな、と思っています(笑)

<運営会社:Jiyuuku Inc.

『幸せ』って?K+A ≒ S

メンタル・イデア・ラボ、AEのスミです。

今回は『幸せ』って何だろう?ということを改めて考えました。昔から言われることですが、それだけに『幸せ』とは『これ』というものはないのかもしれません。

幸せとは人それぞれ、とはそういう所以だろうと思います。その人の価値観によって幸せの形も違ってくるからだと思います。

ここでは私なりに考えた『幸せ』を書こうと思います。俗に“高級”と言われるものを所有したり消費したりすることも含めて、そこで終わらずその先にあるものに着目しました。

どういうことかというと、高級であれ安価であれ、その部分は関係ありません。それを体験した時の『気持ち』が大切だということです。

例えば私は先日、数年ぶりにカップヌードルとペヤングソース焼きそばを食べました。決して高級品ではありません。コンビニエンスストアやスーパーマーケットで数百円です。しかし、とっても美味しい!と感じました。そうです、この『美味しい』と感じたことが重要ということです。

また今時期だと、夏の海でサンセットを見た時は『美しい』と思うし、新幹線から富士山が見えた時は『きれい』と思います。

そう考えると、美味しい、楽しい、きれい、美しい、かわいい、などの形容詞をいかに感じる日々を送るかが鍵となります。

表題にあるKとは形容詞のことです。

ではAとは何か?それは『ありがとう』のAです。美味しい、楽しい、きれい、美しいなどの形容詞を感じる体験の後、自然と感謝の念が湧きます。美味しい料理をありがとう、楽しい時間をありがとう、美しい夕陽(朝陽)を見て神様に感謝、など感謝の念が不思議と湧き上がります。

この感謝をそれを提供してくれた相手や対象に伝えると『幸せ』を相手とも共有できます。

私たちはそれを既に無意識にやっています。美味しい料理を食べた時、「美味しかったぁ、ありがとう」と言っていませんか?そう言われた側も照れながら「いえいえ、ありがとうございます」と言っていると思います。

その時、私は『幸せ』を感じます。私一人が一方的に『幸せ』を感じるよりも、相手と共有できた時はその幸せをより強く感じます。

そういったことを意識的に感じること、それによって日常が『幸せ』になるのではないかと思うのです。そうすれば、幸せを感じるために特別なことを体験する必要はなくなります。日常に幸せを多く感じれば、結果幸せの多い人生になる、と思うのです。すると必然的に心が豊かになるのかな、と思います。

猫を飼っていれば、その猫はかわいいし癒されます。猫に『一緒にいてくれて、ありがとう』という気持ちが自然と湧きます。金魚やトカゲ、カエルを飼っていても同じです。

形容詞+ありがとう ≒ 幸せ(K+A ≒ S)

私は日常における幸せ、強いては人生における幸せとは、とりあえずこういうことの積み重ねかな、と思っています。

<運営会社:Jiyuuku Inc.

境界知能/知的ボーダー

メンタル・イデア・ラボの本城ハルです。

支援からこぼれ落ちてしまうのに、社会生活や日常生活であれこれ困り感が出る。わかりやすく知的障害でも発達障害でもない境界知能(知的ボーダー)をご存じですか?

自治体によって僅差はありますが、概ねIQ50〜70が軽度知的障害とされ境界知能と言われています。

成績が振るわないことが多く、概念の理解も難しいのですが頑張れば高校までは卒業でき、買い物(割引率や消費税などの計算)や煩雑な手続きは苦手だけど、サポートがあれば日常生活や社会生活はできる、といった感じでしょうか。

IQは知的能力を数値化して表しますが、そこで見ているのは勉強ができるできないといった能力(学力)ではなく、さまざまな適応能力も含めて見ています。

適応能力は同年齢と比較した時に、社会生活や日常生活を送るために必要な能力がどの程度備わっているのかを見ます。

適応能力とは大まかに3つの領域に分けられ、対人コミュニケーションや日常スキル、概念などで、言語理解や読字、数や時間、記憶など抽象的なものを理解する能力が概念です。

“(ホール)ケーキが切れない非行少年たち”という本にも境界知能について説明がありました。

実際に境界知能だとどのような困り感や生きづらさを感じるのでしょうか。

サポートがあれば金銭や読字など簡単な概念は理解することができるので、時間はかかりますが買い物や家事など一人でこなせるようになります。

認知面に問題を抱えているケースが多く、感情の細分化が未熟、言語化が苦手なこともあり、コミュニケーションはパターン化され幼稚なイメージを受けることもあるようです。

感情のコントロールが苦手でキレやすかったり、先を見通した計画を立てることも苦手で、行き当たりばったりな言動、行動が目立つこともあります。

発達障害と重複するケースもあることから慎重に見極めることが大切です。

<運営会社:Jiyuuku Inc.

GWですね。

メンタル・イデア・ラボのAEのスミです。

昨日からGWが始まりましたね。

一応マスク着用以外の制約はなく、ちょっと開放感がありますね。

人事異動で新しい職場になった人、大学を出て社会人になった新入社員の人、新人研修でクタクタな総務・人事・労務などの部署の人、4月はいつの間にかいっぱいいっぱいになってしまう時期だったと思います。

このGWはちょっとした小休止。思い思いに過ごしたいものですね。束の間、仕事のことは忘れてボーッとするもよし、どこかへ行くもよし、ふらっとドライブ、散歩するもよし、年明けから頑張ってきた心身をとにかく労ってほしいと思います。

GW関係なく仕事の人は、本当にお疲れ様です。規制や制約がない分、人の移動と人出の種類がいつもと違うので、疲れ方も違うかもしれませんね。

リラックスタイムに今日の自分を2〜3個褒めてみてくださいね。何事もなく平凡に終われた、ランチを美味しく食べれた、頑張って残業しちゃったな、今日も元気だったな、など、そんな感じでいいのです。難しく考えないことが肝です。反省ばっかりしてると“ダメ人間かも”と思ってしまい、本当に“ダメ人間”になってしまうこともあるので、反省はほどほどに(笑)

仕事の人も仕事でない人も、とにかく風邪をひかず、事故に遭わず、元気に過ごせるGWになるといいですね!それでは、よいGWを。

<運営会社:Jiyuuku Inc.

5月は5日木曜日はGWのため休載し、10日火曜日より掲載します。

紡ぎ

メンタル・イデア・ラボ、AEのスミです。

『紡ぐ(つむぐ)』という言葉がちょっと気になっています。

改めて意味を調べると糸を作ることとありました。

人はいいこと、悪いことを経験する、これは絶対と言ってもいいかもしれません。

しかし悪いこと、ツラいことが続くと、メンタルは弱っていってしまいます。

続いた時にどうするか・・・弱っていくメンタルをどう立て直していくか、人はこれを繰り返して生きていくのだろうと思います。

私も思えばその繰り返しだったように思います。恐らくこれからもそれを繰り返して生きていくのだろうと思います。

そうわかっていても悪いことやツラいことがあったり、続いたりすると、その状況から抜け出せるのだろうか、もうこれで終わってしまうのではないだろうか、と不安になって益々メンタルが弱っていきます。

『幸せ』とはなんだろうか?と、ふと思ってしまうこともあります。

いろいろな思いが巡ります。自分が嫌になったりもします。

そういう気持ちを抱えながら生きるということが『人が生きる』ということなのかもしれません。わかっているつもりでも、日常を過ごしているとつい忘れてしまい、感情的になったり、不満をぶつけたり、不安の渦に引き込まれ、もうダメだと思ってしまうものです。

人生というと偉そうで、抽象的で堅苦しく、漠然としています。そして口にすることなどおこがましい。哲学的でどこか自分のことから離れたことのようにすら思います。

『自分の生を紡ぐ』

言い換えると、こういう表現になるのかな、と今は思います。紡ぐというと営みを感じます。さらに自分のこととして意識しやすい。

いいことも悪いことも、ツラいことも苦しいことも、自分の生を紡いでいる瞬間瞬間なんだ、と。紡いだ先はどうなるのか、それはわかりません。だからこそ紡ぎ続けるしかないのだと思っています。

『紡ぐ』という言葉は、とりあえず主体的に自分を生きてみようかな、と思える不思議な言葉だと感じました。

<運営会社:Jiyuuku Inc.